腰痛専門治療の岡田接骨院

よくある質問

腰痛や神経痛の疑問質問にお答えします

更新日 2020年 6月1日

Q1、温めるの良いの? 冷やすのが良いの?

腰痛や神経痛は基本的に温めて血液循環を良くすることが良いと言えます
人によっては急性期は冷やすといった方もいますが、捻挫や打撲、肉離れ的な外傷性のものならば有効ですが、腰痛や神経痛のほとんどは外傷的なものではなく、筋肉内に老廃物が溜まったり、関節の動きが悪い時に起きますので、冷やすと逆効果になります。
湿布に関しては冷やしているのでは無く、消炎鎮痛剤が皮膚から浸透しお効果をだすものなので、冷湿布か温湿布かは気にせず使ってもらって結構です。

Q2、ぎっくり腰になった時はどうすればいいの?

ぎっくり腰と言っても、動ける状態と全く動けない状態で違います。
比較的軽い状態で、特定の動作時のみの痛みの場合は、整体院や鍼灸院、整骨院での治療による症状の改善も期待できますが、全く動けない場合(トイレに行けない、体を起こすことも出来ない)は安静にするのが一番です。
これはぎっくり腰の場合、発症から24時間~48時間後に症状のピークをむかえ、そこから徐々に回復していくため、慌てて整体や接骨院に行ってもほぼ症状の劇的な改善は期待できないからです。
ほとんどのぎっくり腰は24時間~48時間をガマンすれば徐々に動けるようになるので安心してください。少し動けるようになってからは積極的に治療をすることで、治癒スピードを上げることは充分可能です。

Q3、コルセットを付けた方が良いの?

圧迫骨折やヘルニア発症時などの急性期はコルセット(医療機関で作成する)の装着で腰部を安静にすることは必要ですが。通常の腰痛ではほとんど治療効果はありません。重いものを持ったり運ぶ仕事の場合は、作業中に装着することで腰への負担を減らすことができます。しかし日常生活で一日中早着することはお勧めしません。
過度の使用は腰部を支える筋肉を弱らせ、内臓の動きや骨盤の自然な動きを妨げてしまいます。

Q4、ヘルニアは手術しないと治らない?

椎間板ヘルニアの主な症状は、腰部の痛みより下肢(太ももやふくらはぎ)の痛みやシビレ、運動障害です。
多くの場合は手術をしなくても整体や鍼灸治療と言った保存的療法で痛みやシビレをとることができます。
手術が必要になるのは、運動障害や排尿排泄の障害のあるもので、排尿排泄障害が出た場合は早急に手術が必要です。
筋肉の麻痺によるものは筋力の低下だけでなく筋肉自体が痩せてきた場合も手術の対象となります。
手術は神経を圧迫している原因部分の除去で元通りにするものではありません。
痛みやシビレが残ることも少なくなく、緊急を要する場合以外はまずは保存的な治療で様子をみることをお勧めします。

Q5、ぎっくり腰や腰痛は癖になる?

「なります!」
ぎっくり腰や腰痛のほとんどは日常生活での間違った使い方や、習慣、食生活から来ています。生活習慣や使い方を改善しない限りいずれまた腰痛になり、年齢と共に発症頻度が多くなり、症状が強く、治りにくくなって行きます。

Q6、どんな運動をすればいいですか?

よくある腰痛体操やストレッチで柔軟な体をつくり、腰を支える筋肉を鍛えることは腰痛の予防のために重要ですが、痛みが強い時は逆効果となる時もあります。
腰痛がある状態や、体が歪んだ状態での運動はあまり効果が無くお勧めできません。体の歪みもと取り除いてから運動を始めることでより効果的になります。

Q7、痛み止めの薬は飲んでもいいの?

市販のものや病院で処方される痛み止めの薬(消炎鎮痛剤)は、腰痛や神経痛の根本的な治療をするものではなく、一時的に痛みを感じ難くするものです。
腰痛や神経痛が治らないからと次々にきつい鎮痛薬を処方してもらい、「治らない」と嘆かれている方たくさんいらっしゃるのが現状です。
痛みのために眠れない、どうしても仕事等が休めない時に一時的に使う事は仕方ないことですが。「痛み」は本来生命を守るためにある信号の一つで、これを無視して体を使い続けることがどういった結果につながるかは理解できると思います。

Q8、治療期間はどのくらい?

年齢や腰痛の発症してからの期間、症状により差がありますが、若くて症状の軽い方なら2~3回の治療で症状は無くなります。症状の重い方や発症後長期間放置していた場合は症状が取れるまで5回以上は治療が必要です。また治療期間内は指定した周期と生活習慣の指導を守っていただきます。
また、一時的な症状の緩和や辛い時だけのその場しのぎの治療では無く、完治を目指す場合は、体の歪みが取れた状態を持続させ筋肉が生まれ変わるまで約3か月を必要とします。
あなたがこれから過ごす残りの人生を考えればとても短く大切な期間だと私は信じています

Q10、感染症(コロナ等)への対策はされていますか?

当院では完全予約制のため、他の患者さんと直接接触する機会はすくなっておりますその他の予防策としては、マットやベット、枕、手指のアルコール消毒を毎回行っており、マスクの着用での施術を行っています。また直接触れるフェイスシートはディスポタイプとし、その他の物も洗浄消毒を行っておりますのでご安心ください

随時更新していきますが、よろしければ皆さんの疑問や質問を教えて下さい!
出来る限り分かりやすくお答えしていきたいと思います。

腰痛なんでも相談室

 

友だち追加
ご予約、お問合せについてはLINE@でお願いします

LINE@友だち追加
岡田治療室 LINE@へのQRコードです
上記友達追加ボタンまたはQRコードで
ご登録しトークでお問い合わせください。

LINEでのお問い合わせができない場合は以下のアドレスにて
※返信にお時間を頂くことがありますので、できるだけLINEをご使用ください。

メールアドレス okadatiryoushitu@gmail.com

 

 

 

 

受付時間

 

 当院からのお知らせ

5月16日現在の予約状況

 

午前の予約

午後の予約
5月17日 残り2名 残り3名
5月18日 残り1名 残り1名
5月19日 休診 休診
5月20日 残り3名 残り3名
5月21日 残り3名 残り3名
5月22日 残り2名 残り3名
5月23日 残り2名 残り4名
5月24日 残り3名 残り2名
5月25日 残り2名 残り2名
5月26日 残り2名 休診
5月27日 休診 残り3名
5月28日 残り2名 残り3名
5月29日 残り3名 残り3名
     

更新時の状況です、既に満員となっている 場合も ありますのでご予約はお早めに

 

友だち追加 

 

⇓クチコミで評価して下さい⇓

メールアドレス
okadatiryoushitu@gmail.com

 

トップページ

当院紹介

受付時間

アクセス・地図

メニュー・料金

トリニティー治療

腰痛の原因

Q&A